レジナ (ペットボトル式水耕栽培)




レジナ (ミニトマト)

家庭菜園オススメ度(★★★)

科目  ナス科トマト属
(原産地:中南米)

発芽適温 20~30℃(嫌光性種子)

日照条件 日当たりが良い場所が必要

生育適温 25℃前後

肥料水 朝の一回(水耕栽培)

生育の注意点

日当たりのいい場所で育てる

風通しを良くするために葉を適当にカットする(古い葉やハダ二が付いた葉は積極的に取る)

大きく成長すると肥料水を良く吸うので水やりを忘れない様にする。

今後試したい事。

土壌で栽培して収穫量と味の違いを調べてみたい。

  レジナの各肥料水の目安(水耕栽培)

  ハイポニカ500倍濃度で育てる場合
  (>>詳しい作り方はこちら

  大塚ハウス(OATハウス)で育てる場合

  発芽から収穫まで濃縮液4000倍
  (水1リットルに対して各濃縮液1号5ml、2号5ml、5号、0.25mlです)

  (>>濃縮液の詳しい作り方はこちら

レジナ (ペットボトル式水耕栽培)

暖地 寒冷地レジナ ミニトマト 種まき 収穫 時期

(発芽適正温度が20℃~30℃なので、室内か、暖かくして発芽させる必要があります。)

 

ミニトマトを育てて見て分かったんですが・・

意外と大きく成長して場所を必要とします。

場所に制限があるベランダ農園なので、

なるべく小さく成長して収穫出来るミニトマトがないかな?

と、探してみるとありました(^◇^)その名もレジナ!

レジナの意味はラテン語やイタリア語では女王と言う意味だそうです。

女王と名の付くトマト!どんなトマトが生るかちょっと楽しみ

と言う事でレジナの家庭菜園にチャレンジしてみました。

 

レジナ regina 水耕栽培 

色々な本を見て探したんですが、レジナに関する栽培が載っている本が見当たりません

う~ん、困った(; ・`д・´)

ミニトマトって事で育てていいのかな? まぁ、とにかく一度育てて見よう!

と言う事で、今回はペットボトル式水耕栽培で育てて見ることにしました。

 


レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato  

2017年2月28日。

ペットボトル水耕栽培器に直接種を蒔きます。(ペットボトル水耕栽培器の作り方はこちら>>クリック)

(2月28日現在、外気温が10℃くらいなので、発芽気温20以上の部屋の中に芽が出るまで置きます。)

 

レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato 

3月20日、種を蒔いてから芽が出るまで20日近くかかりました。
外気温も15℃近くになってきたので外に出して育てます。

 

 レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato 

4月3日
発芽から2週間、
本葉が出て来ました。

 

 レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato 

4月8日
発芽から3週間、
本葉も成長してきてたので、1本だけ残してその他は間引きします。

レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato 

間引き終了(^◇^)

 

レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato 
4月22日
発芽から5週間、
茎も太くなって順調に成長しているみたいです。
(^◇^)

 

 レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato

5月4日
発芽から7週間、
花が咲きました。(このまま実が生ってくれたらいいな)

 

 レジナ 水耕栽培 ミニトマト 種まき Cherry tomato

うん??
あ!アブラムシが!葉が混みあっているので気がつきませんでした。
水洗いして駆除完了!(^◇^)