小玉スイカ 水耕栽培 (赤てまり 接木)

小玉スイカ  、  watermelon




小玉スイカ

家庭菜園オススメ度(★★★★)

科目  ウリ科スイカ属
(原産地:西アジア、地中海沿岸)

発芽適温 25~30℃(嫌光性種子)

日照条件 日当たりが良い場所が必要

生育適温 25℃前後

連作障害 有り(土壌栽培の場合3~4年待ち)

水やり 朝と夜の二回(水耕栽培)

生育の注意点

一ツルに実が一個として育てる(3ツル~4ツルで飼育)

花が咲いたら、早朝に人口受粉をさせる

風通しを良くするために葉を適当にカットする(古い葉やハダ二は積極的に取る)(空中栽培の場合)

実の上のツルが枯れたら収穫時期。

収穫するなら早朝がいい(糖分が一番高い為)

朝と夜の水やりを忘れずに

今後試したい事。

一ツルで2個の実を付けてみる(水耕栽培なら可能かも?)

一株で6個の実を収穫してみたい。

  小玉スイカの各肥料水の目安(水耕栽培)

  ハイポニカ500倍濃度で育てる場合
  (>>詳しい作り方はこちら

  大塚ハウス(OATハウス)で育てる場合

  発芽から収穫まで
  濃縮液2000倍
  (水1リットルに対して各濃縮液1号5ml、2号5ml、5号、0.25mlです)

  (>>濃縮液の詳しい作り方はこちら

小玉スイカ 水耕栽培 (赤てまり 接木)

暖地 寒冷地小玉スイカ 種まき 収穫 時期

(発芽適正温度が25℃~30℃なので、室内か、暖かくして発芽させる必要があります。)

2017年の夏は暑い日が続きますね(;´・ω・)

こんな日が続くと食べたくなる果物と言えば、

やっぱりスイカですよね。(^◇^)

でも、家庭菜園でスイカなんて出来るのか?しかもベランダ農園で(; ・`д・´)

と言う事でスイカの家庭菜園にチャレンジしてみました

レタス lettuce 水耕栽培 

スイカの栽培について少し調べてみました。

先ずは、連作障害があるのと、ツルが横に伸びてある程度の場所が必要との事・・・

う~ん・・・ベランダでは無理かな、と思って本を読み進めていると、

空中栽培!と言う栽培で出来ると書かれた本がありました。

つまり、横ではなく縦にツルを伸ばしていくやり方ですね。(^◇^)

これなら、何とかなるかな?と思い早速試してみる事にしました。


小玉スイカ 種まき Small watermelon  

2017年4月24日。

今回は、初めての本格的なスイカ栽培と言う事で、病気に強いとされている接木された苗を買ってみました。

品種は赤てまり、あまーいスイカらしいです。( *´艸`)

小玉スイカ 種まき Small watermelon 

連作障害があるのと、縦に伸ばす空中栽培と言う事で、改良型水耕栽培器で育ててみる事にしました。

買ってきた苗を改良型水耕栽培器(>>詳しく作り方を知り方はこちら)に移植します。

小玉スイカ  Small watermelon 水耕栽培 

5月6日

葉が少し枯れてきました・・

大丈夫かな(´・ω・`)

 小玉スイカ  Small watermelon 水耕栽培 

5月15日

お!何か立ち直ってる(^◇^)

本葉も5枚以上あるし、摘心しよう!

子ツルを3つ残して(今回は一ツルに一個の実を付けてみる事にしました。)親ツルを切り落とします。

(本葉が5、6枚になったら、親ツルを摘心して子ツル3本にします。)

小玉スイカ  Small watermelon 水耕栽培 

摘心してみました。

何かさっぱりしてしまった・・・(‘ω’)

 小玉スイカ  Small watermelon 水耕栽培

上から見るとこんな感じです。

きっと・・また立ち直るよね。

小玉スイカ  Small watermelon 水耕栽培 

5月22日

どうやら順調に育ってくれているみたいです。

ここまでは、肥料水の補充だけで特に手入れはしていません。