バケツ 水耕栽培

バケツ 水耕栽培 

バケツ 水耕栽培

バケツを利用した水耕栽培です。
プランターを利用した物より扱いやすくてペットボトル水耕栽培より収穫が多かったです。(*^▽^*)


用意した物

★バケツ(大きさは10ℓ~15ℓのサイズが扱いやすかったです。)
★針金★スポンジ★カラーボード★油性ペン★
★ハンダゴテ★野菜を支える支柱(どれも100均などで売られています。)
★アルミシート(100均などで保冷用品として売られています。)
★エアストーンとチューブ
★エアポンプ


★プロック(ホームセンターに売っていました) ★支柱

注意した事柄

★肥料の水を頻繁に入れるので、発砲スチロールから耐久性のある丈夫なカラーボードにしました。

★カラーボードの裁断に苦労しました。(ハンダゴテでも苦戦)

★支柱を通す穴をなるべくバケツの中央に開けます。


今後の改良点

★肥料の水の消費が激しいので予備の肥料水ペットボトルの改良。


★野菜が成長し過ぎると、支柱が不安定になる


バケツ 水耕栽培箱の作製

バケツを利用した水耕栽培箱を作ります。 (`・ω・´)

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening 

準備した物は、

1.野菜の支柱(これは100均などで売っています、長さは育てる野菜によって変えます。)

2.コンクリートブロック(ホームセンターで買いました。水に沈んで安定感がある物ならそれで代用しても大丈夫です。)

ブロックの上にペットボトルを置くので、ブロックのサイズはバケツ中に入れたときに上5~10㎝くらいスペースが空くサイズを選びます

3.エアチューブ(エアストーンにつないで空気を送るチューブの事です。)

4.エアストーン(ここから野菜に酸素を送ります。)

5.ペットボトル(このペットボトルに予備の肥料水を入れておきます。)

6.カラーボード(100均で購入しました。)

7.針金(支柱とブロックの固定の為に使いました。)

8.油性ペン(印をつける為に使用しました。色はお好みで)

9.スポンジ(切れ目を入れて、ここに野菜を挟みます。)

10.アルミシート(バケツをアルミシートで覆ってバケツ内でコケが発生するのを防ぎます。)

11.はんだごて(カラーボードに穴を開けたりするのに使いました。使う時は火災に注意して自己責任で使用してください。)

12.ペンチ(針金の切断や固定に使いました。)

13.ビニールテープ(カラーボードをアルミホイルで覆うときに使いました。)

14.アルミホイル(カラーボードからバケツ内に日光の光が入らないようにアルミホイルで覆いました。)

15.バケツ(今回は10リットルサイズの物を使いました。育てる野菜によってサイズを変えて使用します。)

別途、エアポンプも必要です。

を用意しました。(`・ω・´)

 

まず初めに、

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

カラーボードの上にバケツを逆さまにして置きバケツの口の回りを油性ペンでなぞります。

 

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

こんな感じで、油性ペンでバケツの口のラインをなぞります。

(これが蓋になるので、少し余裕付けてラインを引きました。)

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

次に、穴を開ける場所に油性のペンで印を付けます。(4か所です。)

 

 

 

 

1の部分は、支柱を通す穴です、上下左右に垂直な線を引き円の中心に印を付けます。

2の穴は、肥料水ペットボトルを入れる穴です。ペットボトルを置きその周りをぐるりと線を引きます。

(ペットボトルは支柱のブロックの上に置くので2の穴も中央寄りに開けます。)

3の場所は支柱用の穴のすぐ隣に開けます。画像ではスポンジが置いてある場所の下です。スポンジの形より少し小さめに四角く線を引きます。

4の穴はエアチューブの穴です。(なるべく中央よりに開けます。)

ここで注意する事は1の穴を中央に開けないと完成した時に蓋が上手く閉まらないと言うことです(今後の改善点)

 

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

この時、肥料水ペットボトルに画像のように穴を開けます。

(この穴より下に肥料水が無くなった時は自動的に補給されます。)

 

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

続いて、ブロックに針金で支柱を取り付けます。

(針金と支柱は一巻してからブロックに取り付けました。これをしっかり取り付けて置かないと安定感が無くなります)

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

このバケツですと、ブロックと支柱はこんな形でバケツ内に置きます。

(ブロックの上にペットボトルが置くと言う形になります。)

 

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

カラーボードをハンダゴデで地道に溶かして切り、1から4の穴を開けて取り付けます。

こんな感じになります。

 

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

蓋はアルミホイール、バケツの部分はアルミシートで覆います。

 

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening

これでバケツの水耕栽培箱は完成です。

使用する時は、エアストーンをバケツの中にセットしてバケツいっぱいに肥料水を入れます。

そしてペットボトルの中にも肥料水を入れてキャップを閉じてブロックの上に置きエアポンプで空気を送って完成です。

水耕栽培 道具 Hydroponic Gardening 

ナスの水耕栽培に使用して見ました。ペットボトル水耕栽培より成長しています。

管理方法は、ペットボトルの中の肥料水が無くなったら補給という感じになります。