水耕栽培用 ペットボトル

 

水耕栽培用 ペットボトル

ペットボトルを利用した水耕栽培用の容器です。
育てる野菜の大きさに合わせてサイズを使い分けたりして使用しました。(*^▽^*)


用意した物

★ペットボトル(四角いタイプの物で丈夫な素材の物。)
★ポリエステル繊維の布(100均などで布きんとして売っています)
★はさみ、★カッター、★ビニールテープ、★アルミホイール
★パームピート(ヤシの実の繊維)☆空気層を作る物(ハイドロコーン、パーミキュライトなど、)
(この二つも100均などで売られています。)


注意する事柄

★水分を吸うために使う布は化学繊維の物がいいです。(綿などを使うと時間の経過で溶けてしまいました。)

★なるべく四角タイプの安定感があるペットボトルをお勧めします。安定感がないと風などで倒れてしまいました。

★パームピートの量は、植える野菜によって決めてください。背が高くなる野菜には多く入れた方が安定感が増します。


★大きく成長して安定感がなくなったときは、道具コーナーの付属支柱道具を試してみてください。


今後の改良点

★風や野菜の成長によって安定感が無くなるので、そこを改善したい。


★飲み口から上手く根が出なくて途中で成長が鈍くなる


水耕栽培用 ペットボトルの作製

水耕栽培用のペットボトルを作ります。 (`・ω・´)

水耕栽培 ペットボトル

準備した物は、

1.ペットボトル(四角いタイプの物で、安定感があって丈夫な素材で出来ている物。)

2.ビニールテープ(目印にも使います。色は好みで)

3.ポリエステル繊維の布(綿だと時間の経過とともに溶けてしまいますので化学繊維の布が良いです。)>>実験コーナー

4.はさみ

5油性.ペン(目印用。色はお好みで)

6.カッター

7.アルミホイル

を用意しました。(`・ω・´)

 

まず初めに、

水耕栽培 ペットボトル Hydroponic Gardening

油性ペンで切る個所に線を引きます。

切る場所は、育てる野菜によって変えました。

(背が高くなる野菜は吸水口からの距離を大きく、ほうれん草や、背が伸びない野菜は短くといった感じです)

線を引いたらカッターで一刺しして空いた部分にはさみを入れて切って行きます。(^◇^)

(カッターだけで切るの止めた方がいいです。危険ですしうまく切れません。)

水耕栽培 ペットボトル Hydroponic Gardening

切り終えたら、一度画像のように入れて見てください。

吸水口から1㎝ぐらいの場所に油性ペンで印を付けます。

 

水耕栽培 ペットボトル Hydroponic Gardening

こんな感じです。これは空気層を作る為の物です。(根が水に完全に浸かると根腐れが起きる場合があるので。)

水耕栽培 ペットボトル Hydroponic Gardening

 

 

そうしたら油性ペンで印を付けた位置をビニールテープで一巻して。

(このビニールテープが、ここまで肥料の水を入れるという目印になります。)

 

水耕栽培 ペットボトル Hydroponic Gardening

次にアルミホイルでペットボトルの外側を覆います。

(アルミは日光の光を遮るのでコケの増殖でペットボトル内の肥料を奪われるのを防ぎます。)