ほうれん草

美味しいほうれん草の見分け方

冬になるとお値段が手ごろで色々な料理に使うことが出来るほうれん草!

(^◇^)

まとめて買ったりする機会も多い野菜なので出来たら美味しいものを選びたい。
と言う事で、今回は、美味しいほうれん草の見分け方を記事にします。




ほうれん草 美味しい 見分け方

美味しいほうれん草を見分けるポイントは2つあります。

1.緑色が濃すぎないもので葉先にハリがあり葉脈が左右対称になっているもの。

2.茎が太く根本のピンク色が濃いもの

この2点です。(^◇^)




今度、ほうれん草を買う時に参考にしていただければ幸いです。

(*^▽^*)


発芽させる方法

水につけた方法とつけない方の日数の違いを検証。

種を効率よく発芽させる方法として一昼夜水につけると良いと良く聞きます。

その理由は、

種は自然界で不利な状態(干ばつとか、)を乗り切る為に休眠して有利な時期(雨が降る)など時に発芽する特性を持つようです。

つまり・・水につける事によって大丈夫だ~と種に知らせる(種の皮にある休眠物質が水に溶ける)と発芽しやすくなるそうです。

なるほど!でも、ここでちょっと疑問(´・ω・`)

水につける日数を1日として5日後に発芽したとします。
同じく普通に種を蒔いて、水をかけて6日後に発芽するとなると・・
結局同じ日数に?(´・ω・`)

本当に効果あるの?

と言う事で、ほうれん草の種で実験してみました。

ほうれん草の種15粒づつで、一日水につけた種とつけない種と発芽の違いがあるのか検証してみたいと思います
img_7560
まず、一日水につけた種とつけないたね15粒づつを用意。(^◇^)
(室内気温平均17℃)

img_7562
タッパーにキッチンペーパーを敷き、そこに種を置いて霧吹きで水をかけてフタを閉めます!




img_7560
2日後、
おお~(`・ω・´)やっぱり効果あるのかな?
水につけておいた種が2粒発芽しました。
img_7560
拡大するとこんな感じです。

img_7560
5日後、
やっと水につけない種も発芽しました。(^◇^)

検証の結果

5日後経って、

水につけない種の発芽日数5日、発芽数2粒 発芽率15%

水につけた種の発芽日数2日 発芽数6粒 発芽率40%

と言う結果になりました。

発芽率の低さは、昔から家にあった種の為、種の年数かな?とも考えられますが、

実験の結果を見ると、ほうれん草の種に関しては水につけて発芽させた方が良さそうです。

今度は違う種類の種でも検証してみようと思います(^◇^)