春菊

春菊、 Garland chrysanthemum

春菊

家庭菜園オススメ度(★★★)

科目  キク科
(原産地:地中海沿岸)

発芽適温 15~20℃(好光性種子)

日照条件 半日程度の日当たりで収穫が出来ます

生育適温 15~20℃

連作障害 有り(2~3年)

水やり 乾燥させないようにたっぷりと与える(土壌栽培)

追肥時期 本葉が2、3枚になったら(土壌栽培)

種まき~収穫までの日数 40日(水耕栽培エアポンプ無し)

収穫量 茎で8本(一つの苗で)(水耕栽培エアポンプ無し)

生育の注意点

土壌栽培では連作障害があるので同じ場所には2~3年の間は植えない方が良い。

寒さには強く本葉が生えてきてからだと0℃でも枯れない。

暑さには弱く28℃以上になると生育が悪くなる

花芽が出ると栄養が花芽にいってしまい葉が硬くなってしますので、花芽が付かないように摘心して育てる。

20㎝くらいに成長したら、下葉を残して収穫する。

乾燥に弱いので水やりをたっぷりやる。

ハモグリバエの幼虫に注意

今後試したい事。

1本立てと3本立ての収穫量の違いを比較したい

エアポンプ式での水耕栽培での収穫量の違いを比較したい。

  春菊の各肥料水の目安(水耕栽培)

  ハイポニカ500倍濃度で育てる場合
  (>>詳しい作り方はこちら

  大塚ハウス(OATハウス)で育てる場合

  発芽から収穫まで 濃縮液2000倍
(水1リットルに対して各濃縮液1号5ml、2号5ml、5号、0.25mlです)

  (>>濃縮液の詳しい作り方はこちら

春菊(水耕栽培)

暖地 寒冷地バジル basil  種まき 収穫 時期


寒くなると鍋が食べたくなりますよね。

(^◇^)

我が家では、水炊きが大人気なんですが、

春菊を大量に買っておいても、すぐにしなっと使えなくなってたりして、

いつでも新鮮な春菊があったらいいなと思い春菊を栽培してみる事にしました。

 

春菊 Garland chrysanthemum 種まき 

先ずは春菊の事を調べてみました。

 

春菊は、連作作用があり、水やりもたっぷりとしないといけない植物とのこと。

連作障害や水やりの事も考えて水耕栽培で育ててみる事にしました。

 

 

 

先ずは、種まきから

春菊 Garland chrysanthemum 種まき 

100均で二個で100円の春菊の種を購入(/・ω・)/

ペットボトル水耕栽培器(>>詳しく作り方を知り方はこちら

の上に種を蒔いて軽くパームピートを被せます。(春菊は好光性種子の為、軽く被せます。

 

2016年5月15日に春菊の種まき開始。

5月の平均気温は東京で20℃でした。
(春菊の発芽適温は15~20℃です。)

 春菊 Garland chrysanthemum  発芽

2日後、種が発芽しました。(^◇^)

大塚ハウス(OATハウス)で育てる場合は発芽~収穫まで濃縮液2000倍を使います。

 

 春菊 Garland chrysanthemum発芽 

最初の種が発芽してから5日後、

順調に育っています

 

 春菊 Garland chrysanthemum 発芽

13日後、春菊らしいギザギザの本葉も生えてきました。

 

 

 春菊 Garland chrysanthemum 成長 育て方

19日後、

本当なら2~3本に間引く方が良いのですが、今回は間引かないでそのまま生育してみます。

 

 

 春菊 Garland chrysanthemum 育て方

26日後、

気温が26度近くにきました。(;´・ω・)

春菊は暑さに弱いらしいので少し心配です。

 

 春菊 Garland chrysanthemum 育て方

33日後、

お~!暑いので少し心配だったのですが、立派に育っています。

うん?!('ω')

何か、模様のような・・・

白い線が・・・